掃除

【徹底解説】キッチンの掃除ガイド!楽して時短できる掃除方法とは? 

家の中で一番汚れる場所であり掃除が難しい場所・・

それはキッチンです。

毎日使用する場所のため汚れる頻度が高く、しかもその汚れは油汚れや水アカ、除菌も兼ねるとなると最も種類が多岐となる場所ではないでしょうか。

汚れの種類が多いからこそ、ひとつひとつの掃除に時間をかけていられませんよね!

そこで、今回はキッチンで発生する汚れを撃退するために、汚れに合った掃除方法をご紹介します。

それぞれの汚れの性質を理解して対応すればお掃除がもっと効率的になり時間短縮が可能になります。

一番効率の良い掃除方法でキッチン掃除の時短を叶え、自分時間を増やしましょう!

【キッチン掃除】場所別の掃除ガイド

油汚れ・焦げ

油汚れや焦げには「重曹」と「セスキ炭酸ソーダ」を使います。

重曹・・レンジフードの側面や壁についた油汚れなど、比較的軽い油よごれに有効です。

粉のまま直接ふりかけて、スポンジや歯ブラシなどでこすり洗いします。

クレンザーとしての効果もあるので頑固な焦げも落とせます。

セスキ炭酸ソーダ・・・コンロ周りなどべとべとの強い油汚れに使います。

水に溶かしてスプレー容器に入れ、まんべんなく吹きかけて数分放置し汚れを拭き取ります。

私も、鍋についた焦げが何度磨いても取れず、かなりの時間を無駄にしてしまった経験があります。

重曹をかけて擦ってみると、必死で磨いた時間が勿体なかったくらい気持ちよく取れたので、その汚れに合う性質のアイテムを組み合わせて掃除することは時短になりますね!

キッチン床

キッチン下の床は油汚れ、ホコリ、カビなど複数の汚れが混ざり黒ずみの原因になっています。

重曹水のスプレーをつくり、床に吹きかけて乾拭きします。

セスキ炭酸ソーダは重曹と同じくアルカリ性で、重曹よりも洗浄力が高いため、汚れの具合をみて使い分けしましょう。

我が家も、黒ずみになる前の対策として、料理をしてキッチンを使った後は重曹水のスプレーを吹きかけて乾拭きして掃除しています。

歩いた時にさらりとした床の感触が気持ち良いいというメリットもあり、毎日の習慣として取り入れています。

魚焼きグリル

油を分解する力のある重曹をお湯に溶かし重曹水を作ります。(お湯200mlに重曹小さじ1杯)

スプレーに入れて吹きかけ、キッチンペーパーで拭きとります。

調理し終えたグリルがほんのり温かいうちにすると油分も固まっていないためより掃除しやすくなります。

また、グリル網の下に重曹の粉を入れて一緒に料理すると重曹の成分がグリル全体に付着するため、あらかじめ汚れが取りやすくなります。

私はよく魚料理をするのですが、魚をグリルで焼いた後は、アミに魚がこびりついて汚れが取れにくかったり、洗剤で洗っても魚の臭いがまだ残っていたりという経験があり、魚料理をすることが億劫に感じてしまっていました。

この掃除方法に変えてからは、力を入れずにこびりついた汚れもすんなり取れるようになりましたし、何より一番気になっていた魚の臭いが残らなくなったのが一番の効果だと感じています。

料理へのモチベーションにまで影響する掃除方法は、しっかりと理解して付き合っていくべきですよね!

排水口

排水口にたまったどろどろした汚れを落とす時におススメなのが、「重曹」と「クエン酸」を同時に使う方法です。

2つを合わせて水をかけると反応が起きてブクブクと泡が発生して汚れを浮かしてくれます。

重曹をふりかけた後にクエン酸水をかける順番で行うとよいです。

初めて私もこの方法を実践した時は、泡が出てきてなんだか理科の実験をしている気分になりました!

一度、両方とも多めに混ぜ合わせて大量の泡を発生させてびっくりしてしまった経験があるので、分量には注意してくださいね。

私は、どちらとも小さじ一杯程度の量を混ぜ合わて掃除しています。

少量でも十分効果を発揮しますので試してみて下さいね。

電気ポット

電気ポット内のうっすらと白い幕のようにできる汚れは水アカによるものです。

クエン酸を溶かしてつけ置くと、酸の力により白い水アカがすっきり落とせます。

水アカは私の経験上、洗剤で擦っても汚れを落とすのはほぼ難しいです。

「擦っても取れないし買い替えなきゃいけないかな・・」と感じていた矢先にこの方法を実践し見違える結果となりました。

放置しておくだけで汚れが取れてくれるため、労力もかからずすっきり掃除することが出来ますよ。

蛇口

蛇口についた白い汚れは、水に含まれるミネラルやカルシウムが結晶化して白く固まった水アカによるものです。

クエン酸を溶かしたスプレーや、クエン酸を染み込ませたシートでふき取ります。

頻繁に使う場所であるため、何もしないとすぐ水アカが発生し、積み重なるととりずらくなってしまいます。

私の場合は、すぐに取り出せる場所にあらかじめ作り置きしておいたクエン酸スプレーを置いておき、料理の後に必ずスプレーを吹きかけて掃除する習慣づけをしています。

毎日頻繁に使う場所だからこそきれいを保ちたいですよね!

まな板

過炭酸ナトリウムを水に溶かしつけ置きするだけ。

まな板の細かいミゾの汚れや細菌を除菌できます。

私はこれまで、キッチン用のハイターなど使ってまな板を除菌していましたが、ツンとした強いにおいや手に付いた時のぬるぬるした感じが苦手でした。

過炭酸ナトリウムは臭いもなく、触感も自然なためすぐにこの方法に切り替えて今でも継続しています。

生肉や生魚などを切った後はどうしても細菌などの汚れが気になるので、毎日でも出来る簡単なこのつけ置き方法はおススメですよ。

食器の茶渋

過炭酸ナトリウムを溶かしたお湯につけ置きしてから水ですすぐだけです。

長年の蓄積の食器の茶渋もつけ置きすることで汚れが分解されすっきりとくすみが取れます

この方法は我が家もよく取り入れていて、半年に一度ほどのペースで実践しています。

家族に「新しい食器買ったの?」と言われたくらい見違える結果になりました!

食卓を彩る食器がきれいだと気持ちいいですよね。

ぜひ実践してみて下さい!

キッチンシンク

止水プレート等を使って排水溝に蓋をしてシンクに水をはり、オキシクリーンをスプーン2杯程いれてオキシクリーン漬けします。

キッチン周りの小物類も全て投入して2~3時間放置するだけです。

殺菌効果が高く除菌には最適です。

私は一度、漬け置きの時間が長いほど除菌効果が高くなるのだと勘違いして、外出中の時間を使い、ほぼ半日程漬け置きしてしまった経験があります。

2時間程漬け置きしたのとさほど変わらない結果となり、欲張りすぎないようにしようと心がけました。

時間は短くても除菌効果は十分発揮しますので注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

汚れの性質に合う掃除方法を理解していれば、汚れを擦るのに時間を割く必要も、どうやって汚れを取ったらいいか悩む必要もなくなります。

また、掃除に使う一つ一つのアイテムも自然に優しい成分のもので掃除が可能なのです。

時短で掃除が出来る上に自然にも優しい掃除方法。

一度試してみる価値はあると思いますよ!

片付けられない人に共通する7つの特徴2010年頃から「断捨離」や「ときめき」という言葉や、2015年には「ミニマリスト」という言葉が流行語対象の候補にもなり、様々な「片付け...
【片付けが苦手な人必見!】片付けのコツ3ステップ片付けることに気合いが入ったのはいいものの、「どこから手をつける?」「どこに片付けたらいいの?」と途中で収集がつかなくなり、挫折してしま...
これで散らからない!キッチン収納を簡単にする3つのコツ生活の中で毎日使う場所であるキッチン。 毎日使う場所だからこそ、その頻度から見て使い勝手がよくストレスフリーな空間にしておきたいで...
キッチンをもっと好きな場所にする!場所ごとに見直すワザありアイディア集あなたにとってキッチンはどんな場所ですか? 自分にとってキッチンとはどんな場所なのかを考えると、どんな収納がよいか見えてくると思い...
【忙しい主婦必見】1日5分で出来る!ちょこっと掃除でキレイが続く時短掃除術あなたは一日の中で自分の時間がどれくらいありますか? 食事の支度や子供の世話、洗濯に掃除.... 家事を完ぺきにこなしていた...
たった1本で簡単に掃除できる!アルカリ電解水はなにがすごい?効果と使い方について紹介! 毎日の暮らしの中でどうしても関わってくる「掃除」という生活習慣。 つい、「やりたくないな」「面倒だな」と思ってしまいますよ...
ナチュラルクリーニングとは?4つのアイテムだけで家中を掃除できる方法!掃除ブームの現在、掃除に関するアイテムは本当にたくさんの種類のものが売られています。 いろんな用途のものが売っていて便利な面もある...
【場所別】ナチュラルクリーニングの掃除方法!4つのアイテムで家中丸ごと掃除!自然成分だけを使って掃除する方法であるナチュラルクリーニング。 人や環境に優しい掃除方法であることから、最近ではネットや本でこのク...
スポンサードリンク
ABOUT ME
twincle
はじめまして。 ブログ運営者のmariと申します。 数あるブログ中からご訪問ありがとうございます。 2020年現在、仕事をしながら子育て中のワーママです。 忙しいママでも、簡単に手軽に出来る整理収納術や、掃除方法について発信していけたらと思います。 このブログでなにかお役立ちになればいいなと思います。