カネ恋

カネ恋の役名は桃太郎が関係していた!三浦春馬の「猿」の真意は?

2020年9月から放送されたドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」。

三浦春馬さんは「猿渡慶太」という役名で演じられており、ドラマ内に猿モチーフのものがたくさん出てくることから、嫌がらせ説やパワハラ説など浮上していました。

しかし新たに浮上しているのは、この作品の役名は「桃太郎」がモチーフになっているのではないかと声が上がっています。

今回は『カネ恋の役名は桃太郎が関係していた!三浦春馬の「猿」の真意は?』タイトルでお届けします。

カネ恋の役名は桃太郎が関係していた!

ドラマ「カネ恋」のメインキャストの役名は以下の通りになります。

一部を平仮名で直してみてみると・・・

  • 玲子(松岡茉優)
  • 渡慶太(三浦春馬)
  • 早乙女けん(三浦翔平)
  • いたがきじゅん(北村匠海)

鬼、猿、けん(犬)、きじという言葉が隠されていました。

確かにこの動物は桃太郎に出てくる動物と合致しますね。

日本のおとぎ話の一つ。桃の実から生まれた男子「桃太郎」が、お爺さんお婆さんからきびだんごをもらって、イヌ、サル、キジを従え、鬼ヶ島までを退治しに行く物語。

ドラマの中では、「鬼」は主人公の玲子の役名に入っています。

そうなると、

鬼である玲子を倒す物語なのでは?

と思えるのですが、そうではないようです。

最終話第4話で登場する玲子の父親の役名が桃田保男(石丸幹二)なのですが、見て分かるように名前に「桃」が入っています。

玲子の親は離婚しているため、玲子の元々の名前は「桃田玲子」だったことが分かります。

「桃」といえば、おとぎ話の主人公「桃太郎」ですよね。

そうなると、

桃太郎である玲子が、猿、犬、雉の猿渡慶太たち3人を引き連れて活躍する物語

と読むことができます。

https://twitter.com/Antares_sco_df/status/1310788164378742785?s=20

一方で、玲子は「九鬼」という名字で、鬼の一面も持っているとも思えます。

ドラマ内の役柄として、玲子はお金を正しく使うことにこだわりのあり、お金に対する価値観が人に理解されないほどガチガチに固まっていて鬼のようでもあります。

そのことから、「カネ恋」のストーリーは以下のように解釈することができます。

  • お金にルーズな浪費男子である慶太を鬼である玲子が教育している
  • 玲子にはわがかまりがあり、「鬼」のような心をとかしていくのが猿、犬、キジの3人だった

更に、「カネ恋」監修者で脚本作りに参加されていた公認会計士の山田真哉さんという方が、脚本の段階で、

山田真哉
山田真哉
メインキャスト4人は桃太郎がモチーフだった

と発言されています。

山田さんは「カネ恋」第4話の最後のテロップと一緒にテレビ内で出演されていますね。

山田真哉さんは、「カネ恋」の役名は2020年1月時点で既に決定しており、三浦春馬さんの猿扱いに関するネットでの憶測を完全否定されています。

スポンサードリンク

カネ恋の三浦春馬の「猿」の真意は?

「カネ恋」の役名が桃太郎をベースにしたものだと分かりましたが、なぜ3つの動物の中で三浦春馬さんは「猿」だったのでしょうか?

桃太郎のストーリーを詳しく見ていくとその理由が分かってきました。

スポンサードリンク

①初期の桃太郎説

当初の桃太郎の話は、鬼ヶ島までたどり着くまでに仲間になる順番は、

猿 ⇒ キジ ⇒ 犬

の順番だったことが分かりました。

これには根拠があり、

  • 干支の順番と一緒であること
  • 陰陽五行説が関係していること

があげられます。

陰陽五行説とは?

古代中国で生まれた思想のこと。北東にある鬼門の方向には、「丑(うし)」「寅(とら)」が配置され、鬼門の反対側にある裏鬼門向けて逆時計回りに3匹の家来を集めると、「いぬ・とり・さる」の順で家来が集まるという考え方。

このことから、最初に仲間になったのは猿だった可能性が高いのです。

三浦春馬さんが「猿渡慶太」という役名で「猿」が入っていた理由は

桃太郎である玲子の1番初めの仲間だったから

と考えられるからなのかもしれません。

②それぞれの役割説

犬、猿、キジの役割は以下の通りと言われています。

猿:知恵の象徴

犬:忠義の象徴

キジ:勇気の象徴

勇気の象徴であるキジが偵察役、知恵の象徴である猿が戦略を練り、犬が戦略を忠実に実行するという流れになるのではないかと言われています。

 

また、干支の順番を見てみると、猿⇒鳥⇒犬となり、鳥が猿と犬の間に挟まれていることから、鳥が猿と犬の喧嘩の仲裁役をしていたと言われています。

これを「カネ恋」に当てはめてみると、猿渡慶太(猿)と早乙女健(犬)の仲が悪く(玲子を取り合う関係性で)、板垣純(キジ)が仲裁役だったとも解釈できますね。

カネ恋の役名は桃太郎が関係していた!三浦春馬の「猿」の真意は?まとめ

今回は、ドラマ「カネ恋」の役名の真相について調査してみました。

三浦春馬さんが亡くなったことで、「カネ恋」には様々な噂が立っていましたが、この桃太郎のストーリー説をみると、決して嫌がらせなどの意味は込められていないように感じます。

スポンサードリンク
ABOUT ME
twincle
はじめまして。 ブログ運営者のmariと申します。 数あるブログ中からご訪問ありがとうございます。 2020年現在、仕事をしながら子育て中のワーママです。 忙しいママでも、簡単に手軽に出来る整理収納術や、掃除方法について発信していけたらと思います。 このブログでなにかお役立ちになればいいなと思います。