政治

【候補まとめ】安倍総理の後任は誰?河野・岸田・石破・進次郎・甘利が濃厚か!

2020年8月28日、安倍総理が総理辞任の意向を表明しました。

通算在任期間と連続在任期間が歴代1位という長期にわたって日本のリーダを務めた安倍総理。

次の総理代人は誰になるのでしょうか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

安倍総理が辞任!

2020年8月28日、安倍総理が辞任の意向を固めたと報じられました。

安倍総理は8月17日に慶応大学暴飲で検査を受け、翌週24日にも再び慶応大学病院を訪問し、健康状態が不安視されていました。

安倍総理は検査の結果、持病の「潰瘍性大腸炎」が悪化していることが判明。

安倍晋三首相は10代のころから、持病の潰瘍性大腸炎を患っており、2006年9月発足の第1次安倍内閣では、この持病悪化のため2007年8月に辞任を余儀なくされました。

国政に支障が出る事態は避けたいとし、総理大臣を辞任する意向を固めたといいます。

第一次政権と合わせた通算在任期間と連続在任期間が、憲政史上最長となっている安倍総理。

次の総理代人は誰が任命されるのでしょうか?

【候補まとめ】安倍総理の後任は誰?河野・岸田・石破・進次郎・甘利が濃厚か!

安倍総理の突然の辞任発表を受け、SNSでは次の総理が誰になるのかの予想が行われています。

SNSでは主に以下の5名の名前が挙がっているようです。

  1. 岸田文雄
  2. 麻生太郎
  3. 石破茂
  4. 河野太郎
  5. 小泉進次郎
  6. 甘利明

候補①岸田文雄

自民党の岸田文雄政調会長は28日午後3時ごろ、安倍首相の辞意を受け、後継の総裁選に立候補する意向を問われ「変わりない」と語った。訪問先の新潟市内で記者団の取材に答えた。
これに先立ち、岸田氏は新潟市のホテルで開かれた「新潟ブランチ同友会」(事務局・新潟日報社)の特別例会で講演。「総裁選については私もぜひ挑戦したい」と話していた。

引用:新潟日報

候補②麻生太郎

自民党関係者は「首相は麻生さんに恩義を感じている。07年9月に潰瘍性大腸炎を理由に電撃辞任した後も麻生さんが随分と力になった」と説明。検診2日前の15日には、麻生氏と私邸で約1時間にわたって会談し、その場で後任について話した可能性がある。首相周辺も総裁選をにらみ、後任候補を麻生氏に一本化したとの情報もある。

引用:スポニチ

候補③石破茂

自民党の石破・元幹事長は東京都内で記者団に対し、安倍総理大臣の後任を選ぶ総裁選挙への立候補に意欲を示しました

引用:NHK WEBNEWS

発言内容

こういう事態を受けて、党員や国民がどう考えるか。それに応えることが責務であれば、自分の都合は言っていられない。こうした突発的な事態を受けて、党員や国民の考えと、かい離があってはならない

と述べ、立候補に意欲を示しました。

候補④河野太郎

現職の国会議員として、ツイッターのフォロワー数が安倍首相(213万人)に次ぐ165.5万人を誇り、ネットとの親和性も高い河野氏。この一報を受け、ツイッターでは「河野太郎」がトレンド入りし、「河野さん!出番ですよ!!」「かもん河野太郎」といった投稿が殺到。河野氏のアカウントにも、「安倍さんのあと総裁に名乗りを上げてください!」「河野さんの政権を是非見てみたいと思う国民は多くいます。私もその中の一人です」など、「総裁選出馬」を促すフォロワーたちからの“要請”が相次いだ

引用:iZa

候補⑤小泉進次郎

「ポスト阿部」への意欲について以下のように語られています。

小泉進次郎の発言

総理というのは一人でできるものではありません。仲間が必要です。

そういう仲間が支えてくれなければ、スタート地点には立てません。

次の総裁、総理が誰であっても私は全党員に投票の機会があることが一番いいと思います。

選ばれる過程を党員だけでなく国民の皆様にそのプロセスを共有して頂く。

そのことが自民党だけでなく政治の信頼回復にプラスになる。

 

https://twitter.com/sizuri2020/status/1299355140449689601?s=20

候補⑥甘利明

まとめ:【候補まとめ】安倍総理の後任は誰?河野・岸田・石破・進次郎・甘利が濃厚か!

長い間、日本のトップとして引っ張って行ってくれた安倍首相。

次のに日本を引っ張っていくリーダーが誰になるのか、総理大臣の後任者がとても気になりますね。

スポンサードリンク
ABOUT ME
twincle
はじめまして。 ブログ運営者のmariと申します。 数あるブログ中からご訪問ありがとうございます。 2020年現在、仕事をしながら子育て中のワーママです。 忙しいママでも、簡単に手軽に出来る整理収納術や、掃除方法について発信していけたらと思います。 このブログでなにかお役立ちになればいいなと思います。