東京オリンピック

【経歴】山縣亮太は体重1750gの未熟児からスター選手へ!肺の病気を乗り越えた逆境人生!

東京オリンピック日本選手団の主将で陸上男子の山縣亮太選手。

100mでは日本新記録を出したり、3大会連続のオリンピック代表となるなど、最強のアスリートのイメージがありますよね。

しかし、実は生まれたときから未熟児で、肺の機能も万全ではなかったといいます。

この記事では、

  • 山縣亮太の出生体重は何グラム?
  • 山縣亮太の肺の病気との関係は?
  • 未熟児からスター選手への逆境人生とは?

という内容でまとめました。

山縣亮太のプロフィール

山縣亮太(やまがたりょうた)陸上のプロフィールと記録!趣味は釣りと ...
プロフィール

名前: 山縣亮太(やまがた りょうた)

生年月日:1992年6月10日

出身地:広島県広島市西区鈴が峰

身長:177cm

体重:74kg

陸上短距離で輝かしい成績をおさめている山縣亮太さん。

山縣亮太選手の名前にある『亮』という字は、『明るく力強い』という意味があり、ただ一心に、元気に育ってほしいというご両親の願いが込められているそうです。

その理由は、生まれた時は未熟児だったとのこと。

山縣選手は、予定日よりも2か月早く誕生した未熟児で、肺の機能も万全ではありませんでした

引用:NHK

今では、陸上オリンピック選手になるまで転身を遂げた山縣亮太さん。

未熟児で出生してから、現在のオリンピック選手になるまでの華麗なる転身ストーリーはどのようなものだったのでしょうか?

時系列で見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

【経歴】山縣亮太は体重1750gの未熟児からスター選手へ!

出生時は未熟児だった!

勉強は部活に必要か」 慶大卒・山縣亮太は"書き癖"で成績も、タイムも ...

予定日よりも2ヶ月早く生まれた山縣亮太さん。

出生当時は、

  • 妊娠8ヶ月の早産
  • 保育器の中でチューブで繋がれていた
  • 新生児治療室(NICU)に55日間いた

とのこと。

呼吸も弱弱しく、生まれた時の出生体重は、

1730グラム

だったようです。

1992年6月、保育器の中でチューブに繋がれた小さな赤ちゃん。妊娠8カ月の早産で生まれた未熟児で体重はわずか1730グラム。それが山県だった。

引用:スポニチ

妊娠の平均期間は、十月十日(とつきとうか)といいますので、山縣亮太選手が予定日より2ヶ月前に生まれたということは、かなり早い段階で生まれてきたことがわかります。

当時の山縣亮太さんの父親は、

山縣亮太の父親
山縣亮太の父親
生まれてすぐの子どもを見て、瞬間、(頭が)真っ白になった。どうか無事に育ってください

と願ったといいます。

更に、生後2日の様子を記した父親のノートには、

「今、息を止めたらしい」

「肺の形成が非常に未熟で、願ったり祈ったりしかできなかった」

「助けてください」

「亮太が無事に育つことを祈る」

引用:REALSPORTS

と当時の胸中が記されています。

初めて母親に抱っこされたのは、誕生から37日後

1年間は外出できずその後の成長も同級生に比べて体は小さかったようです。

1年間の外出禁止が解かれた日に出掛けた三重・伊勢でも緊急入院を余儀なくされ、いつ途切れてもおかしくない命をつないでいたという状態だったようです。

大変な乳幼児期を過ごされていたことが分かりますよね。

スポンサードリンク

ずば抜けた足の速さだった小学生時代

山縣亮太 幼少期

子供の頃には元気で活発な姿に成長した山縣亮太さん。

小学校は、広島県鈴が峰小学校に在籍していました。

スポーツ少年で、小学生の時は、

  • サッカー
  • 野球
  • 陸上

を掛け持ちでやっていたそうです。

そして、小学4年生の時にお兄さんが陸上を始めた事で、

山縣亮太
山縣亮太
自分も負けたくない

という思いから陸上を始めます。

すぐに才能を開花させ、父親が亮太少年の足の速さに着目するほど。

息子のために陸上競技を研究し、独学でメニューを作成

自宅内でのトレーニングに、毎日取り組んだといいます。

当時の心境について、山縣亮太さんは以下のように語られています。

「父親は考え方の根っこをつくってくれた。美学を持って生きる。芯が強い。自分もそういう性格は似ている」

引用:exixiteニュース

その結果、小学校5年生の頃には短距離で全国大会出場

100m走の大会で、陸上クラブの選手たちをやぶって優勝を果たします。

山縣亮太は未熟児で肺の病気だった!
引用:NHKニュース

そして、山縣亮太さんの足の速さが陸上クラブ(広島ジュニアオリンピアクラブ)の目に留まり、異例のスカウトを受けます。

山縣亮太 異例のスカウト

当時のコーチは、

この子すごいって。

こういう子めったにいないわねって。

と語られていて、当時から山縣亮太さんは頭一つ抜いて特別な存在だったことが分かりますね。

これをきっかけに、

山縣亮太
山縣亮太
走ることは自分の天職だ

と思い、陸上一本に絞るという道を選択します。

車と競争していた中学時代

山縣亮太 修道高校時代

中高一貫性の修道中学校・修道高校へと進学した山縣亮太さん。

ハイレベルな学力で有名で、偏差値は70!

東大・京大を目指す生徒が多いなど県下有数の進学校として知られています。

中学時代も、相当の練習メニューをこなしていたとみられる山縣亮太さん。

「中学生の頃、練習がしんどかった」と振り返る。小学校4年生の頃からずっと100mの選手だったが、当時は400m~800mの選手がこなすメニューをひたすらやらされていたという。

引用:cycle

目標としていた全日本中学陸上競技選手権大会への出場を成し遂げます。

当時、山懸亮太さは、車と競争して自身のタイムを磨いていたそうです。

 

  1. 人通りの少なくなる深夜、リレーでバトンをもらうような 中腰の姿勢で、後ろから車が来るのを待つ。
  2. ヘッドライトが見えて、それが近づいてきたところでスタート。
  3. 30mほどダッシュする。
  4. インターバルを取って、また次の車が来たら走る

ということを繰り返していたんだとか。

「運転手には『何だ、こいつ』と思われていると思いますけど。車に勝てたら格好いいじゃんって。夜中の2時、3時とか、人のいない時間に、楽しいですよね」

引用:文春オンライン

高校時代

 

 

修道高校2年生の時の山縣亮太選手

高校に入ると、

社会人

大学卒業後、時計メーカー「SEIKO」に就職します。

実は当時、陸上部がない中で決めたトップアスリート採用でしたが、大学時代の主務だった友人をマネージャーとして迎え、山縣亮太さんをサポートする形で、社会人選手としてのキャリアをスタート。

山縣亮太さんのためにSEIKOが陸上部を作ったはすごいですよね。

 

【経歴】山縣亮太は肺の病気を乗り越えた逆境人生!

生まれた時は平均より500gも軽い体重で、また肺機能も十分でなかったという山縣亮太さん。

実は2018年に強度の高いトレーニングの影響で肺気胸という病気を発症しています。

気胸(ききょう)とは?

突然肺に穴が開いて空気が胸腔(きょうくう)に漏れる疾患。

肺気胸とは、通称「イケメン病」とも言われていますが、細身の若い男性が患う確率が高い病気とされています。

10代後半〜30歳代に多い病気で、やせて胸の薄い男性が発生しやすいというので、未熟児で生まれたことは少なからず関係しているかもしれませんね。

山縣亮太選手は未熟児で生まれ、病気をして育った以外にも数々の怪我に見舞われながらプレーをしていたことで、“ミスター逆境”と言われています。

  1. 2013年の日本選手権で肉離れから復活して優勝。
  2. 2014年はひどい腰痛に悩まされ記録が低迷
  3. 2017年の全日本実業団で足首痛を克服して優勝。
  4. 2019年、東京オリンピックに向けた勝負のシーズンには気胸となり、セイコーゴールデングランプリは予選落ち
  5. 2019年、11月には右足首靱帯断裂で、日本選手権を欠場。
  6. 2020年の秋には、右ひざが痛み出し、右膝蓋腱炎

など、相次ぐ逆境に見舞われながらも、確実に記録を残してきた凄い精神力の持ち主なのです。

山縣亮太選手のご両親の話によると、山縣亮太選手は、つらい時やしんどい時ほど実に優しい“いい息子”になるといいます。

本来であれば、うまくいかない時期はイライラが募り、精神的に落ち着かなくなるところですが、山縣亮太選手はそういう時ほどしっかりと自分に向きあい、どうして行くべきか考えられる強いメンタルを持ち合わせているようです。

その性格があるからこそ、これまで大くの怪我に見舞われながらも逆境の時こそ力を発揮することができたのでしょう!

山縣亮太選手は高校時代から、たとえ怪我をして走れない時期があっても、陸上を辞めようと思ったことは一度もないといいます。

山縣亮太選手は未熟児で生まれ、生きるか死ぬかという試練を経験したことで、どんな困難があっても立ち向かえる強さを手に入れたのかもしれませんね!

【経歴】山縣亮太は体重1750gの未熟児からスター選手へ!肺の病気を乗り越えた逆境人生!まとめ

山縣亮太選手は、未熟児で生まてて病気も経験し、さらに数々の怪我に見舞われながらも走り、“ミスター逆境”と言われながら記録を打ち立ててきました。

今回のオリンピックでも、新たに記録を更新する走りで、メダル獲得に向けて頑張る姿を見れる事を楽しみにしています!

スポンサードリンク
ABOUT ME
twincle
はじめまして。 ブログ運営者のmariと申します。 数あるブログ中からご訪問ありがとうございます。 2020年現在、仕事をしながら子育て中のワーママです。 忙しいママでも、簡単に手軽に出来る整理収納術や、掃除方法について発信していけたらと思います。 このブログでなにかお役立ちになればいいなと思います。